岩魚(イワナ)の通販・販売・お取り寄せ。石川県白山市、白山の麓から、身のしまった岩魚と元気をあなたにお届けします。

076-256-7511受付時間: 9:00~22:00

コラム 2022年2月12日

イワナはお孫さんと一緒に食べるのもオススメです

会うたびに成長し、驚きと可愛さを見せてくれる孫という存在。近くに住んでいる方も、なかなか会えない距離にいる方もいるでしょう。

どのような頻度で会っていたとしても、「孫に会いたい」と思う気持ちは祖父母の愛情ならではですよね。孫に喜んでもらいたくて家で美味しいごはんをつくる、という方もいるのではないでしょうか?

孫に会うために「食」をきっかけにする人が過半数

りそな銀行の調査によると、「孫に会うために何らかの工夫やきっかけづくりをしている」と回答したシニアは75.8%にものぼることがわかりました。(※1)

きっかけの内容として一番多かった回答が「孫とお出かけ(イベントやテーマパークなど)」

と、同数1位で「外食に行く」だったのです。続く3位は「季節のイベント(子供の日や敬老の日など)を一緒に祝う」、4位「一緒に楽しめる商品(おもちゃや食品など)を購入する」、5位「家族の誕生日を一緒に祝う」となっています。(※1)

これらを見ると、1位の「外食に行く」だけでなく、季節のイベントや誕生日のお祝いは食事を伴うが多いため、「食」に関することがかなりの割合で影響している言ってもよいでしょう

お孫様と食事を共にし、同じ空間で同じ時間を共有することは、心も体も豊かにするのではなないでしょうか。

参考

※1 「【調査リリース】シニアに聞いた「祖父母と孫の関係」に関する調査」PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000051631.html

川魚料理がお孫様と食べるのにぴったりな理由

川魚(渓流)料理は、お孫様に会うきっかけの「食」としてうってつけの料理です。渓流料理がなぜお孫様と食べるのに最適なのか、そのメリットを紹介します。

孫の想い出に強く残る

昔、川魚料理は当たり前に食べられていましたが、食の多様化により最近では食べる機会がめっきり減りました。「川魚を食べる頻度は半年~数年に1回程度」と回答した人が76%もいることが当ブログ調べで分かっています。(※2)

特に幼い子どもであれば「川魚は食べたことが無い」という子もいるかもしれません。滅多に食べることがない渓流魚の味は、子どもにしたら新鮮であり、その想い出は深く刻まれることでしょう。

☑参考

また食べたい!と思ってもらえる

今まで食べたことのない美味しい渓流料理の味は、大人でも子どもでも脳や舌に記憶されます。

「おじいちゃん、またあのイワナ食べたい!」「おばあちゃん、イワナもうないの?」こんな感じで、

祖父母の家に行けばまた“アレ”が食べられるという期待感は、会いたいという気持ちに直結します。

孫の成長をサポートできる

渓流魚は栄養豊富な食材のひとつです。子どもの成長期に重要なタンパク質もたっぷりと含まれています。

イワナのタンパク質は20.3g(100g当たり)、ニジマスのタンパク質は19.7g(100g当たり)となっています。これは豚ロースや納豆に引けをとらないほどの数値です。(※3)栄養を補うことができる料理は、お孫様の両親にも喜ばれることでしょう。

参考

昔話から会話が弾む

祖父母が幼いころに食べていた川魚の味から、昔の記憶が思い起こされることでしょう。

「子供の頃、家の近くの川で釣りをしていて…」「昔は川魚をこんな風に調理して…」など、お孫様との会話が弾むと思います。

お孫様も祖父母の小さい頃のおもしろ話を聞くのは楽しいもの。コミュニケーションを深めるきっかけになることでしょう。

自然のめぐみの大切さを伝えることができる

戦争を経験した祖父母世代は少なくなってきました。しかしながら、自身の父母などから戦時中や戦後の混沌とした状況を聞いてきた方は多いと思います。

食べ物の大切さ、自然のめぐみの偉大さは苦労した人が一番知っているものです。飽食の時代に生まれた今の子どもたちは「食べ物がない」ことをリアルに感じにくい世代です。

ぜひ、渓流魚を通して魚一尾の大切さを伝えてみてください。渓流釣りに一緒に行き、食べ物を得ることの難しさや命の尊さを実感することも良いかもしれませんね。

渓流料理と祖父母様の歓迎の気持ちで、食卓が一層盛り上がることでしょう。

当場のイワナ製品はこちらから↓

鮮度・食べごたえ抜群!香ばしさと濃厚な旨味あふれる「深瀬イワナ」 【イワナ刺身】とろける食感!深瀬イワナの刺身盛り

関連する記事

2019年12月23日

川魚でいつもと違う食卓を日本の食文化を再考する

ショッピングセンターのレストランフロアに足を運べば、中華・イタリアン・洋食などの専門店が、日本食だけでも蕎麦に天ぷら、とんかつ、寿司などバラエティに富んだラインナップが目に入ります。デパートのお惣 […]

2019年11月4日

川魚は貴重なタンパク源 昔の生活を考える

皆さんは川魚を日常的に食べていますか? 鰻(ウナギ)や鮎(アユ)、鮭(サケ)を食べる人は少なくありませんが、川魚よりも海水魚や肉類を食べる人の方が多いのではないでしょうか? […]

2019年10月17日

川魚の印象に関するアンケートを実施しました

川魚の印象に関するアンケート調査を実施しました!結果を公表します。 18歳から65歳まで、日本全国に居住している方100名にランダムにご回答いただきました。 ☑ご回答 […]

囲炉裏端
2022年2月17日

歴史から考える山間地域における岩魚の価値と栄養成分

岩魚のを良く知っている方も知らない方もこんにちは、淡水養魚場「白山堂」の坪田です。 歴史から考える?なんかちょっと難しそうな話だな、、と思った方も 教科書のような歴史のお話をするわけではないので […]

2019年12月27日

懐かしい渓流魚 心を豊かにする食事

元気で健康な体を保つ秘訣といえば、ご存知の通り「十分な栄養、睡眠と適度な運動」です。とりわけ十分な栄養は、バランスの取れた食事が重要であることはいうまでもありません。 しかし日々忙しくしている […]

2022年2月12日

イワナなど川魚を子ども時代に食べておくと良い理由

川魚は日本各地に古くから存在し、私たちの食生活に寄り添ってきました。 食の多様化により魚離れが進む現代ですが、イワナは子ども時代にぜひ食べておきたい食材です。 今回は、子ども時代にこ […]

2019年12月13日

イワナの魅力と不思議な生態について

渓流釣りの代表格であり、食用としても人気が高いイワナ。 渓流魚の魅力は、身の美味しさだけでなく不思議な生態もそのひとつになっています。 イワナは白山以外でも日本全国各地で、さらには […]

2019年11月20日

渓流魚で食育推進 和食文化を知る

2013年にユネスコの無形文化遺産に登録されて以来、世界的にもひとつの「食文化」として浸透しつつある「和食」。料理そのものだけでなく、日本人の在り方も評価を受けています。 日本人は自 […]

©2022 いわな専科